獣医師の知恵袋

熱中病について

日時:2013/08/12 11:15
質問者:匿名希望さん
希望アドバイザー: 中田 順寿獣医師 , 中埜 雅敏装蹄師
最近の暑さは異状で、馬たちも大分弱ってきています。
専任の獣医さんが定期検診など来ていただいていますが、
私達ができる対策や、グッズ等何かあれば教えていただきたいです。


アドバイス日時:2013/08/13 14:40
アドバイス
獣医師
 馬は冬の寒さには意外と強く、暑い夏が苦手な生き物です。得てして冬の馬着に神経を注ぐ方を多く見かけますが、夏の暑さ対策は疎いかも知れません。
 まず、環境的に可能であれば運動は気温が上昇する前の早朝に行い、運動後は時間をあけずしっかりと汗を流し、馬体を清潔にし、汗で体を冷やさない事が基本です。体温上昇についてのクーリングダウンとして冷水をかけるのも良いのですが、急激な体温の変化は好ましくありません。
 また、運動時は、発汗作用により体温調節をしているので、十分な飲水(水分補給)が必要です。発汗によりアセドーシス(酸性化)になるため、重曹の点滴も推奨されております。誰もができる対策であれば、汗で失われた電解質を補うサプリや岩塩を与えるのも良いかと思います。また、馬房内は無風だと気温が上昇しますので、扇風機などを使用し風通しを良くしてあげましょう。ただし、強い風に当たり過ぎると体力を消耗しますので、適度を心がけて下さい。(人もそうですよね。)
 最後に、馬が運動しても発汗しないという状態は要注意ですので、その場合は獣医師に診てもらいましょう。
コメント・御礼 1.
質問者:匿名希望さん 登録日時:2013/08/13 14:44
中田先生、有難うございます。
クラブの方の対応も先生の言うとおりやってくれているので安心しました。
PradO Inc.
PradO Shop

Mypage

ログインメニュー
http://prsdev.pradoinc.jp/mypage/

パスワードを忘れてしまった方はこちら
会員登録のご案内

FACEBOOK

TWITTER